役員選挙に係る印刷や業務の委託なら

社団法人等で2年に1回実施される、役員選挙。
組織の行く先を左右する役員選挙は、重要なものではありますが、
挨拶状や投票用紙、宛名ラベルの印刷、封筒に入れての郵送や、投票用紙の回収、そして投票後には集計処理など、
細かな作業が積み重なり、時間も手間もかかります。

「本来の業務に集中し、
組織の成長を支えるためにも、
役員選抜投票にかける作業負荷は、出来る限り減らしたい」

そうお考えの方のために、セイバー株式会社は、
役員選挙に係る業務へのサポートを提供しています。

以下では、業務作業フローに沿って、
実際に提供可能な業務をご紹介いたします。

より詳しく知りたい、という方は、
お問い合わせやお電話(042-315-5650)から、お気軽にご連絡ください。

事前準備

投票の事前準備段階では、
従業員や関係者への選挙の告知や、投票用紙などの発送をするために、
多くの文書の作成と、その印刷が必要になります。

従業員が準備をしようとなると、時間も手間もかかり、
本来の業務に費やすはずだった労力を奪われてしまいます。
ですが、外部委託することによって、従業員の負担を減らすことが出来ます。

投票期間

準備した投票用紙等の封入・発送も、
セイバー株式会社に委託することが可能です。
弊社では、適切な個人情報の保護措置をしている事業者に付与される、
Pマーク(プライバシーマーク)を取得しています。
投票用紙の管理も、安心してお任せください。

投票日当日

単純ながら時間のかかる、封筒の開封作業に、
従業員の手を使っていては、宝の持ち腐れです。

さらに、集計処理も一括で任せることで、全体の作業の時間短縮へとつながります。
もちろん、お客様が必要とする作業のみの委託も可能です。

また、弊社では読み取ったマークシートの結果を、即日集計することも可能です。
お気軽にご相談ください。

投票後処理

事前準備と同じく、印刷、印刷物の封入・発送を行います。
弊社ではワンストップのサービス提供を強みにしています。
お任せいただければ、一から十まで責任を持ってサポートいたします。

お問い合わせはこちら

さらに詳しく知りたい!という方は、
まずはサイトをご覧ください。

納期や費用などについては、
お問い合わせやお電話(042-315-5650)からご連絡ください。